TOP
商品一覧
ご注文方法
体験記
リンク
お問合せ
個人情報保護方針
ヤングビーナス宮城販売
〒980-0021
仙台市青葉区中央4丁目1-26
 レインボービル2F
TEL:022-711-3053
FAX:022-711-3065
E-mail:
  yung@welcome-sendai.net

リブラ(libra)体験記

E・Kさん(55歳)自営業
 配達から帰った夫の姿に異変を感じたのは、今年1月のことです。夫は口をポカンとあけ、よだれをたらしていたのです。 意識はあったものの、夫の左の手足は動きません。すぐに救急車で病院へ運んだところ、右の脳出欠と診断され、その場 で入院が決まりました。仕事熱心な夫の突然の病に、気が動転したのを覚えています。
 夫の場合、出血の範囲が狭かったため、手術ではなく薬による治療がすすめられました。医師は、左の手足にマヒが出る といいます。リハビリ次第だが、破壊された脳細胞は元に戻らないため、左の手足は完全には回復しないだろうというのです。 55歳という働き盛りの夫に、それはつらい宣告でした。それでも嘆くばかりでは何も始まりません。入院数日後には私も 手伝い、ベッドの上でリハビリを始めました。脳ビタミン食品を知ったのはその頃です。
 脳ビタミン食品で目覚しい回復を見せた脳梗塞の患者さんの体験をしりました。 今の夫に必要なのはこれだと直感した私は入院中でしたが夫に飲ませてみたのです。
 脳ビタミン食品は、朝晩一袋ずつ、白湯と一緒に飲ませました。主成分のビタミン12は脳の血流をよくしたり、神経の働き を高める作用があるそうです。また、副作用の心配がなく、薬物治療中の夫にも安心して飲ませることができました。 こうして飲ませ始めてから1週間後、夫の体に変化が現れました。これまでリハビリ中、ベッドに横になった状態のまま左ひざを 立てさせると、ずるずると足がくずれていました。それが、自分の力だけでひざをたてられるようになったのです。
    退院して1ヶ月後に車の運転再開
 その後の夫の回復ぶりは医師も驚くほどでした。入院20日めから始めた歩行訓練では、1週間で真っ直ぐ歩けるようになってます。 倒れてからわずか1ヶ月後の2月には、退院することができました。体だけでなく表情にも変化が現れました。夫や、入院中同室だった 人達を見て思ったのですが、脳卒中の患者の顔はどこかうつろです。目は空中の1点をみつめたままで、口元はゆるにっぱなし、話し かけてもその表情はほとんど変わらず、まるで蝋人形のようだと思いました。
夫は退院してもしばらくの間、その表情は変わりませんでした。脳ビタミン食品を飲み始めて1ヶ月ほどたったころから、少しずつ表情 に生気が戻り始めたのです。
 一番変わったのは目です。目の奥には光が戻り、こちらの反応に応じて視線は快活に動きます。テレビを見たり本を読んでいるときの 表情もシャキッとし、発作直後とは別人のようです。先日、うっかり脳ビタミン食品を切らして3日間ほど夫に飲ませられなかった時期 がありました。その短い間に夫は以前のうつろな表情に戻ってしまったのです。再び飲ませ始めたところ、すぐに表情に生気が戻りました。 やっぱり脳ビタミン食品は夫に効いているのだと確信したものです。
 夫は退院から1ヶ月後には、車を運転できるまで回復しました。倒れてから3ヶ月が過ぎた現在、手足に麻痺はほとんどありません。 退院後多少感じていたというしびれも、今は消えているといいます。通院も月1度、検査のために行っているだけです。
 いまは、良いタイミングで脳ビタミン食品に出合えたことを感謝しています。

Copyright (C) 2007 ヤングビーナス宮城販売 Corporation. All Rights Reserved.