最近のモンゴル(ウランバートル)
1.定住生活が一般的
現在、純粋に遊牧生活を送る人は人口の10〜20%
程度になりました。約60%の人が定住生活をしてい
ます。残りの人は夏だけ遊牧し、冬は定住するとい
うライフタイルをとっています。ウランバートルのよう
な都市部では焼く半数の人がアパートに住んでいま
す。家督は兄弟の一番下のが継ぎます。大家族は
少なくなり、若い夫婦と子供だけで住み1〜2人の子
供の家庭が増えています。
2.私立学校は狭き門
義務教育は10年間(小・中学校4・4年、高等学校
2年または3年生)保育園は国からの予算を削減さ
れ、希望しても入れないケースが増えています。私
立は学費が高く一部の限られた人しか入れないの
が現状です。また、ウランバートル市内の高卒者の
40〜50%の人が市内の大学に進学します。
3.パソコンや携帯電話はビジネスマンの必須アイテム
 ビジネスマンはパソコン(Windows98・2000が主流、主に大学で習得)や携帯電話の普及率は高いのですが一般家庭への普及は低いようですが、中・高校の授業に取り入れつつあり、若い人たちの間で関心が高まっています。人気があり、エリートとみなされる職業は経営者・ITエンジニア・鉱山のエンジニア貿易業務や国際関係に携わる職員など外国と関わりのある職業です。義務教育中には第一外国語として英語、第二外国語としてロシア語・日本語・独語・中国語を選択できます。最近の、大学での人気語学は英語・日本語・ドイツ語フランス語・韓国語などです。
4.夏休み・冬休み
 夏休みは7月から8月にかけて,ビジネスマンは2週間〜1ヶ月とるのが一般的。学校は8時から、大学は8時半ら、仕事は9時から始まります。また、ほとんどの会社が週休2日制です。(学校の制服はありません。)大学の冬休みは1月7日頃から2月の4日頃までが一般的です。
5.飲食・車
 お酒は(18歳から可)は伝統的な馬乳酒・ウォッカの他ビールも人気が出てきました(若い人に)。緑茶はほとんど飲みませんが、紅茶は飲みます。車は中古車がほとんどでロシア車・日本車・ドイツ車・韓国車が多いようです。
6.テレビ(都市部ではかなり普及)・映画
 国営TV・民間が2〜3社・ケーブルTVが2〜3社・ロシアのTVが2〜3チャンネル。海外TV番組の毎日何時間か衛星放送があります。番組内容はドラマが少なく、ニュースやショー、音楽、映画、スポーツ、文化紹介、社会問題、子供向け番組等
 映画は主にモンゴル映画の他ロシア映画、最近はハリウッド・ヨーロッパ・日本・韓国・中国の映画なども吹き替えで上映されます。
7.スポーツで人気はモンゴル相撲
 スポーツ観戦ではバスケットボール(ナショナルリーグがあります)、サッカー・バレーボール・スケートなどが人気ですが、最大の人気はモンゴル相撲です。
 日本から紹介された野球はまだまだです。民族的スポーツとしては、競馬も盛んです。