仙台文理 AO&推薦入試対策
仙台文理
医学部入試 仙台文理
医学部入試 仙台文理

AO用語の基本知識!

    エントリーシート
        いわゆる「願書」のことで、AO入試においては「いの一番」に必要。
          住所・氏名・出身校だけのものから、志望理由書・自己紹介などを書かせるものまで多種多様で、
          これを提出して大学側に承認してもらい、AO入試が始まります。
    自己紹介書
        「自己アピール用紙」とも呼ばれ、「著書・長所や短所・趣味・特技を中心に書きなさい」など、
          盛り込む要素を、あらかじめ指定する例がほとんどです。字数は400〜600字が多いようです。
    志望理由書
        「数ある大学の中から、なぜ貴大学にAOで入りたいのか」を熱く語るもので、レポート用紙や
          原稿用紙の形式が一般的です。「自己紹介書」と共に、面談の際、質問の材料として使われます。
          字数は400〜1600字程度と幅があります。
    面談
        AO入試では、「面接」よりも「面談」という表現がよく使われます。
          「面接」は「面接官」=質問する人、「受験生」=答える人、という一方通行になりがちになりますが、
          「面談」は大学側が受験生に志願理由や抱負などを、受験生は大学側に学習環境や大学生活の
          様子を質問し、答えるといった質疑応答を指しています。
          AOではこの「双方向」が理念のひとつですので区別されています。
    プレゼンテェーション
        「面談」で自分の意見を発表することを言う場合もあるが、一般的には大学側からあらかじめ
          指示された研究や課題、実技を披露することを言う。
          受験生には事前に課題作成の期間が与えられるのが普通で、理工系・芸術系に目立ちます。

「AO入試」の4パターン

    @書類選考⇒面談
        最も多いパターンで、AO入試の典型です。
    A書類選考⇒面談⇒論文作成
        推薦入試に似たパターンで、「論文作成」を「学科(実技)試験」や「ディスカッション」
          「プレゼンテーション」に変える大学も少なくない。
    B模擬授業参加⇒面談
        授業を30〜60分受け、それを踏まえて面談を行ないます。
          最大の狙いは、入学後、「こんなはずじゃなかった」ということに、学生側も大学側もならないように
          するためのもので、サークル活動に参加させてくれる大学もあります。
    C面談のみ
        最近増加傾向の他パーンです。
          面談は一回だけという大学もあるが、ほとんどは「AO入試担当職員と一回」、その後「志望学部           教授と一回」などのように、複数回実施されます。口頭試問的に、志望分野の基礎知識を質問           してくる場合もあります。

Copyright © 1989-2014 Sendai Bunri., All right reserved.

医学部入試 仙台文理 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4-1-26 レインボービル2F TEL/022-722-1365 FAX/022-711-3065
お問合せ/資料請求はこちら