仙台文理 大学受験小論文入試
仙台文理
医学部入試 仙台文理
医学部入試 仙台文理

小論文 「標 準」 編

合否を左右するアイディアメモ作り 編

***“きらりと光る意見”の出し方、深め方***

1.小論文で高得点を取るには、“キラリと光る意見”が必要

    設問例:「個性の時代」(800字以内)について書け
模範解答例
 いま、「個性の時代」とよく言われる。新聞記事やファッション関係のポスターなどにこの文字をよく見かける。 だが、果たして本当にいまは個性の時代なのだろうか。
 なるほど、近ごろの若者が身につける物や、見たり聞いたり食べたりする物には、奇抜で斬新なものが多い ように思われる。他人と異なる、目立つことが個性につながると考えているようだ。そして、それがもてはやさ れる。しかし、情報に関するメディアが発達している今日、いわゆる「個性的」な物は、直ぐに「流行」という形 で一般化してしまう。流行となれば、もはやこれは「没個性」でしかない。
 欧米、とくにアメリカでは、昔から個人主義の考えが行き渡っており、他人との差異を主張する事によって 自己を確立してきた。そして、その自己の存在が行動と思考の基盤をなしてきた。彼らが個性的に見えるの は、そのような個人主義の背景があるからなのである。一方、島国である日本においては、集団という一つ の単位から社会が成り立っていた。そこでは、他人との調和・協調に重点を置くことが美徳と考えられ、奇異 な存在であることは、すなわち集団からの離脱であり、生活基盤を失うことであった。「出る杭は打たれる」と いうのは、そのようなムラ社会である日本の状況を的確に表す言葉なのである。このように、文化背景が異な っているにもかかわらず、明治以降、日本の西洋化が推し進められ、思想的、文化的本質を伴わない、表面 だけの西洋文明が流入し、個性とは表面的で外面的な差異という意味で捉えられるようになったのである。
 私はいまの日本を個性の時代と呼ぶことはできないと考える。西洋の個人主義をそのまま真似る必要はな いにしても、もっと自己を確立する必要がある。そうしてこそ、個性の時代にふさわしくなると思うのである。
解答のポイント
個性の時代について述べているとどまらず、日本社会の特徴や日本の向まで言及することで、論に
社会性が加わり、論に深みが出ている。
小論文で必要なのは、単なる思いつきではない。思いついたアイディアをもとに、さらに深め、発展
させたアイディアだ。
頭の中にあるアイディを引き出す方法が、アイディアメモ作りだ。

<考察のためのプロセス>
「頭の中のアイディアをメモ化 ⇒ “キラリと光る意見のもと”」

2.テーマから思いついたことは何でもメモる

    高得点を取る小論文を書けるかどうかは、
         アイディアメモがどれだけ充実しているかで決まる

設問が「個性の時代」なら・・・
とにかく思いつくまま「個性」とは何かどんどん書く。「ほかの人とは違うこと」「その人にしかない性格・
性質」「その人らしさ」 「自分らしさとは、思ったことを何でも表現すること」
そこから「何でも表現するのは、はたして好ましいことなのか」と思えばそれも書く。役に立たないと
思われるアイディアもとりあえずメモる。取捨選択は後で判断する。
アイディアをメモする時間は、全体の10〜15%の時間

3.アイディアメモをとる段階ではYES・NOを決めない

YES・NOの両方の立場からアイディアを出して、「こちらのほうが面白い内容が書けそうだ」と思った
ほうを選べばよい。

4.アイディアを引き出す手掛かりになるのが「3WHAT・3W・1H」

アイディアメモの作り方の例! 「個性の時代」(800字以内)
3WHAT・3W・1H
What 1 定義(何を意味しているのか)
個性・・・ほかの人とは違う、その個人にしかない性格・性質、その人らしさ
個性の時代・・・多くの人が自分らしさを発揮できる時代
What 2 現象(何が起こっているのか)
「最近は個性的な人が増えてきた」と言われる
「今は個性の時代だ」
「個性の時代であるべきだ」
(もし、問題提起を直ぐに思いつかないときは、ここから問題提起を作る)
<問題提起>
「最近は個性的な人が増えた」
小論文ではデータが取れないので、あまりよい問題提起ではない。
反対意見として、「そうでない人も多い」としか言えない。
「今は個性の時代か」
「個性の時代であるべきか」
What 3 結果(今後、何が起こると予想されるか)
このテーマでは考えなくてよい
WHY 理由・背景(なぜ、それが起こったのか)
YESの視点からのメモ
昔、目立たないことがよいこととされた。特に女性はしとやかさが大事だった
今、奇抜な服装の人、ヘソだし、茶髪・金髪の人が多い
自分をアピール(自己主張)する人が増えて、個性的になってきた
昔、みんな同じような生き方=一律の価値観で少数の人は(「変わり者」「ごくつぶ
し」)は差別されたが、今は市民権を得て、多様な価値観が認められている
NOの視点からのメモ(現代は個性の時代ではない)
奇抜な服装の人、ヘソだし、茶髪・金髪は流行でしかない
日本で「個性的」というのは、西洋の真似にすぎない、これは、むしろ、「自分らし
さ」を捨てている
現代人は、商品によって個性を作ろうとしている
ブランド品で自分らしさを得ようとする。物を買って、自分を確認する。このような
ことでは、個性は得られない。むしろ没個性。
まだまだ多用な価値観が認められていない。
日本は集団社会主義。みんなで行動する。みんなが同じ価値観。つまり、別の
価値観を認めない傾向が強い。だから、集団社会主義・日本は多様な価値を
認めない。従って、個性が十分に認められない社会だ。
When 歴史的状況(いつ、どんな時期に起きたのか)
かつて、集団主義。
徐々に個人主義になった。(外国の影響、個人重視の教育、個室が増える)
そのために、個性尊重が強まりつつある。
Where 地理的状況(場所を変えるとどうなるか)
欧米・・・ 個人主義社会。そのため、個性が認められる。みんなが自分らしく、
自分の価値観で生きる。個人主義でない社会は、しばしば個性が認められ
ない。
How 対策(その問題にどう対処するか)
個性の尊重教育。多様な価値観を認める教育。

5.「いい面」「悪い面」の両面から考える

「いい面」しか考えずに書いた小論文は、ありきたりの道徳論で終わりやすいが、「悪い面」にも目を
向けると、視野の広い小論文が書けるようになる。

6.アイディアの羅列にせず、一つに絞って考えを深める

「3WHAT・3W・1H」は、全部埋める必要はなく、「これだと」思うアイディアについて考えを進めていく ことで、表面的な解釈に終わらない、深い理解が生まれるので、小論文にも説得力がでてくる。
(注)アイディアを一つに絞るのは時間制限のある本場での話で、練習の時は、アイディアの出し方に
馴れるためにも「これだ」と思ったものに限らず、たっぷり1日位かけて考えるつもりで取組む。


7.いいアイディアが浮かばない時は、極端な例を想像すると斬新な
アイディアが出やすい


例:「個性の時代」
「全く個性が認められない時代」とはどんな時代か。
「個性が全く認められない」⇒「みんなが丸刈りで、同じ制服を着る」、「先生への反発はいっさい
認められない」⇒「批判の許されない社会」⇒「独裁者が生まれる温床となる」といった発想が浮かぶ。 そこから、
「個性を認めることは、社会が独裁政治へ向かうのを防ぐことになり、民主主義を実現する上で
不可欠」といった考えを思いつくこともできる。

「個性が何でも認められる時代」とはどんな時代か。
「『個性』の名のもとに暴力も認められる可能性も出てくる」⇒「無秩序な社会の誕生」が浮かんだ ら、そこから「『個性の時代』は、必ずしもユートピアをもたらすわけではない」と言った考え方もできる。

    極端な例は、あくまでも「これだ」と言えるアイディアを
         引き出すための“導火線”なので、実際に使う必要は無い

上記の例なら、下線部が出た時点で捨ててしまうこと。

8.身近なテーマな時ほど作文を書く失敗に陥りやすいので
「WHY(なぜ)」にこだわる


小論文では、ある問題を手がかりに、日本の抱える社会問題や現代社会の解決すべき問題について 考える事が求められるので、「社会はもっと〜であるべき」とまとめても、自分の話から深められていな ければ、私憤を述べているにすぎない。
身近な問題が出題されたら、「WHY]を考える時は、できるだけ社会一般につなげて考える

例: 「個性的でありたい」⇒なぜか⇒「他人の注目を集めるのは快感」⇒なぜか⇒「人間には
名誉欲がある」⇒なぜか⇒「『立派な仕事をしたい』というのも名誉欲の一つ」
といったアイディ
アがでて、そこから、「個性の時代は、人々が自分の能力をいっそう発揮できる社会をつくる」
といった結論になるかもしれない。

9.「社会一般の話」とはテレビ・新聞でよく聞く話と結びつけて考える方法

例: 「少子高齢化」と「個性の時代」を結びつける・・・
 少子高齢化が問題視されるのは、一つには働く人口が減って社会の総生産量が減ってしまうこ とがある。社会全体で稼ぐお金が減れば、それだけ経済活力を失うことになる。さらには若い世代が減 ることによって、社会の活力が失われるという問題もある。
 この問題を解決するには、たとえば、一人あたりの生産量を増やす方法がある。仮に働く人口が半分になったとしても、 一人あたりの生産量が倍になれば、そう生産量は変わらないことになる。また、 社会的活力の問題は、若い世代がいまよりもっと元気になるとか、高齢者になっても活力のある社会をつくるという方法が考えられる。
 翻って「個性の時代」とは、みんながいきいきと生きられる時代と考えることができる。それだけ社会に活力が生まれ、少子高齢化が抱える問題も解決しやすいともいえる。
・・・とすれば、「少子高齢化」と「個性の時代」結びつき、そこから「『個性の時代』は、社会に活力を生 み出す」と言う点に絞り、さらに考えを深めればよい。
(注)新聞・テレビの話題には、直接テーマと関係がない。あまりこだわると小論文の内容が混乱するの で、さわりぐらいにしておく。例えば、・・・
《いま、少子高齢化によって社会の活力が失われるのではないかと心配されているが、
そんな時代こそ、各自が個性を発揮する事が重要だ》といった程度にとどめておく。
(注)うまく触れることができない時は、まったく触れない。

10.一番鋭いアイディアを結論に使い、他は「アイディアを補強するもの」に
使うという視点で探す


実際に書き始める際に決めなくてはならないことは、結論のYES・NOを決める。
どちらを選ぶかは、どちらの結論が面白い内容をかけるかで判断する。

  どちらが納得できるか、より正しいと感じられるかは必要がなく、
    意外性があり、なおかつ読み手を説得できるないようにできるかだけを考える

アイディアのピックアップ作業で重要なことは、不要と思ったアイディアはどんどん捨てること。無理に 使うと、せっかくいいアイディアもつまらないアイディアに埋もれてしまい、“キラリと光る”アイディアも、
光らなくなってしまう。

下書き時間が省ける構成メモ 編

***構成メモの具体的作り方***

1.構成メモをつくれば使えるアイディアを4部構成でまとめ直す

全体を「問題提起」「意見提示」「展開」結論」に分け、ピックアップしたアイディアをどの部分に使うかを 振り分け、あとは、文章の流れに足りないものを補えば構成メモはできるので、後は実際に書くだけ。

    下書きしてから本番に取り掛かるのは時間の無駄で、
                  その時間をアイディアメモにあてる

2.「問題提起」部では書き出しパターンを決めておく

例: 「個性の時代」についてならメモに
《現在、日本は「個性の時代」と言われている。しかし、本当にいまの日本を「個性のじだい」と言える
のか》くらいで十分で、よけいな事をくどくど書くと、つぎの「意見提示」や肝心な「展開」部分で書くス
ペースがなくなってしまうことも起こりえる。
(注)字数制限が800字と長めの場合は、体験や知識をもとに具体例を付け加えるとバランスがよくなる

「問題提起」の語尾は、「〜のか」などの疑問形にするのが原則

3.「意見提示」部には、予想される反論を書いておく
(反論を書くことで視野の広さをアピール)


例: 「個性の時代」についてNOなら・・・
「個性の時代とは、多様な価値観を認める時代のことで、まだ一律的な価値観を押しつける傾向の
強い日本は、個性の時代とは言えない」と言う事を明確に書く。・・・次に反対意見にも一理あることを
承知の上で、「いまは個性の時代ではない」と言う結論を述べようとする時・・・YESの立場からの視
点を述べる・・・例えば、「戦前と比べると、いまは個性が認められる時代になった」のようにYES・
NOの両方の意見を書く。
<「意見提示」部の文章化4つのパターン>
@「確かに、という意見は否定できない。それは、・・・・・・・・・・という点からだ。しかし、」
A「〜という考えも成り立つかもしれない。なぜなら、・・・・・・・・・・・・だからだ。しかし、」
B「一般には〜と言われていて、それにも一理ある。なぜなら、・・・・だからだ。しかし、」
C「〜と考える人もいるかもしれない。なぜなら、・・・・・・・・・・・・・・・だからだ。しかし、」
※「〜」の部分に予想される反論、「・・・・」の部分に理由を書き、「しかし」や「だが」の後に
主張を書く「しかし」の後に、余りたくさんのことを書かず予告する程度にとどめ、本格的には
「展開」部で書くほうがよい。



主張をぼやけさせないために、使う反論は一つにとどめる

4.「展開」部の役割は、主張の理由を社会一般にまで論を展開していくこと

高いレベルの小論文を書くには、知識が必要なので普段から蓄えておく

※浅い小論文と深い小論文の違いは、「展開」部で、社会一般に広げ、大きな問題とからめ
て考えているかどうかで決まる。

例: 「個性の時代」の場合・・・
浅い小論文では、ファッションや個人の生き方だけについて書くのでは浅い。日本文化のあり方、 民主主義との関係、これからの日本の進むべき道との関係で考えれば深い小論文になる。
日本文化と絡めて論じると・・・
⇒例えば、「島国である日本では、集団が大事にされてきた」
「日本は集団重視で、みんなが仲良くしようとして、一律的な価値観を押しつける傾向が
ある。だから、個性の時代になりにくい」となる

5.「展開 = 小論文の“命”」部の主張(アイディア)は1つに絞り、
具体的に説明して説得する


「意見を1つに絞る」とは、一つの“キラリと光る”意見に絞り、できるだけ詳しく説明すること。
<「展開」部の書き出しパターン2つ>
@テーマの原因について論を進める場合・・・
「その背景には、〜という事情がある」「その原因と思われるのは、・・・・である」などを使い、
その後、それを詳しく説明する形。
Aズバリと前項で説明したおおきな問題、たとえば、
《現在の日本文化は集団主義的である》と書き始める方法。こう主張し、日本文化を説明した後で、
それが個性抑圧につながっていることを説明する形。

6.「結論」部では、まとめ以外のことは一切書かない

「結論」部は、「したがって、〜と考えられる」だけで十分

<特に注意すべき点>
@努力目標や意思表明を書かないこと。
例: 「〜でなければならない」や「私は〜しようと思う」など
A余韻を持たせた終わり方もしないこと。
例: 「はたして、こんな状態でよいのだろうか」など

7.原稿用紙に書く前に、内容の“ペース配分”をする

メモが充実している部分は、多めにペース配分してもよい

<基本的ペース配分の目安>
「問題提起」部・・・・10〜20%
「意見提示」部・・・・30〜40%
「展開」部・・・・・・・・40〜50%・・・小論文の“命”の部分
「結論」部・・・・・・・・10%

8.改行は4部構成の各部が始まる(内容が変わる)たびにする

<減点対象の改行>
@一文ごとの改行や、1,000字も書いて改行が1回しかない場合も減点対象
A改行が多いと字数稼ぎと受け取られて減点
B改行が少ないと構成が論理的でないとみなされて減点
Cいい加減な場所での改行は、「不適切な改行」として減点

<1,000字から1,200じ場合の改行>
800字以上の場合は、「意見提示」部と「展開」部で、もう1回ずつ改行する
※改行のポイント・・・
「意見提示」部なら・・・例:「確かに、〜だ。しかし、・・・」の場合
「確かに、〜だ」で予想される反論を書き
改行
「しかし、・・・」で反対の自分の意見を書くので、内容的にここで改行する
「展開」部なら・・・
「さらに考えてみると」「では、なぜそうなったのか」と言った文章が当てはまる場所で改行する
前の文章を受けて、さらに内容を深めていることを意味しており、区切るのに丁度よい

9.原稿を書いている途中で斬新なアイディアが浮かんでも、
捨てないとつじつまが合わなくなる


<決めておいた構成メモ通り書かなければならない理由>
@新アイディアを無理して加えると、論理的につじつまが合わない小論文となり、せっかくつくった
構成メモがメチャメチャになる
A新アイディアをもとに構成し直すと、あれこれ考えている時間がかかり時間が足りなくなる
(注)練習の時も本番と同じように、一定時間内で実際に書く練習をしておく
Bその時は“斬新なアイディア”と思ったアイディアも、客観的に見ると大したことはないケースが多い

10.最後の推敲は構成の良し悪しまで考えずに、
誤字・脱字の訂正にとどめる


    読んで違和感のある箇所は、主語・述語が
           合っていない可能性が高いので注意する

※制限時間のある受験小論文では、多少文章の流れが悪くても論理や構成がしっかりしていれば、 十分“受かる小論文”になる。
※採点者によっては、優れた内容の小論文でも誤字・脱字などの凡ミスに大きなマイナス点をつける ことも少なく不合格ということも起こりうる。
※内容に不満があり文字を書き直したい場合は、一文(60字程度)にとどめる。二文以上になると短時 間でうまく修正するのはまず無理なので、書くときは、常に構成メモをチェックしながら書き進める。

Copyright © 1989-2014 Sendai Bunri., All right reserved.

医学部入試 仙台文理 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4-1-26 レインボービル2F TEL/022-722-1365 FAX/022-711-3065
お問合せ/資料請求はこちら