仙台文理 SFCの慶應
仙台文理
医学部入試 仙台文理
医学部入試 仙台文理

小論文の書き方

「自由に書け」とは、社会問題の正解らしきものを自由に主張しなさいということで、好きに書くことではない。 小論文の正解は、答えらしきものを提案することが理想で、多くの場合、まともに正解の方向に向かい論理を 進めたほうが得点につながる。なぜなら、相手を想定しない話し合いや、意見の提示はあり得ないので、話 相手をイメージして取組むので、話す内容や順番、表現方法は絞られてきて当たり前である。
課題文例
「敵対的買収」に賛成の立場、反対の立場で解答する場合・・・
@敵対的買収が、株式市場において、その市場を構成している国民にとって果たして本当に
 有益かどうかを考える。
A一部の資本家にとって笑いの止まらないルールで私たちにとって本当に有益だろうか。
 「判断する」には・・・幾つかの経済理論とデータを知っておく必要がある。真実を勉強して
 いないと言葉のトリックにだまされてしまうことになる。
  また、小論文は文章のうまさや論理だけが配点基準ではなく、論証能力というより、鋭い
 観察能力、社会にどれだけ開いた目を持っているかを見ていると言ってよい。
 本当に見たがっているのは、何かをよく考え見ることがポイント。

[小論文の構成]・・・「問意理結」の格段落には何をどう書くか?

最初の関門、問題設定(課題文のまとめをコンパクトに書く)
・・・ 課題文をまとめを踏まえた上での論理展開の例 ・・・
課題文Aは、マクロ的視点から○○を述べており、課題文Bは、ミクロ的視点から○○を述べている。 どちらも共通するのは○○ということだ。では△△は必要なのだろうか。のような文章にして、問題を 設定(=問題文を読み、これから何かを書く時にその方向性を決めること)する。
 例えば、延命治療はいいことだろうか。ゆとり教育は必要だろうか。など
(1)約半数の大学では、問題文の中に問題設定している場合
   例えば、「体罰にあなたは賛成か反対か、自分の意見を自由に述べなさい。」と言う場
   合、賛成か反対かを聞いているので、体罰は教育上必要だろうか。という問題設定にな
   り、議論の前提は、「望ましい教育」と言うことになる。
(2)問題文の中に問題設定がない場合は
    当然、自分で用意するしかない。何に対して言い争っているのかをイメージし、どち
    らの言い分が正しいのか、適切か、多くの人にとって望ましいのかを考えてみる
<流れ> 「問題文に、使える問題がない」場合の例・・・
第1段落・・・「問題の設定」・・・命題(○○なのだろうか?)
        設問・・・脳死についてあなたの意見を自由に述べなさい。・・・の場合。
        イメージすることは、多くの知識人や一般の人たちがどういう点いついて脳死を
        めぐって論争しているのかなーという事をイメージすると、脳死は人の死か?
        脳死問題の適切な扱い方はどのようなものだろうか?などという問題設定にな
        る。
第2段落・・・「意見を述べる」(私はこう主張する)
        主張する。賛成か反対か、どちらでもないのか、立場を明確にしてから結論を
        述べる。教授としては、一言であなた意見はどうなの?言わないとイライラして
        くる。イライラすると、文章の構成能力に乏しいという烙印を押してしまう傾向に
        ある。
第3段落・・・「理由を述べる」(ああだ、こうだ)
        展開部分。力の見せ所で、具体例を出したり、相手の共感を得ながら、説得力
        のある文章を展開していく。グッとくる内容なら、内容点で点数がグッと上がる。
第4段落・・・「結論」(私はこう主張しました。)
        「私はこういう事を言いました」という事を再度確認させる段落と心得る。
        第3段落で主張した結論として、こういう事をいいました。そして、「今後の課題
        は○○だ」と、まとめてもいい。(内容によっては3段落になってもよい)
 ※4段落構成を一言でいうと上記の構成になるのが基本。

結論から書き、論拠と具体例で説得力を増す

 小論文の目的は・・・

   「適切の問題を提起して、適切に主張できる」かどうか、共感を得る事ができる文章で論理的に主張
  することができるか、どれだけ、本当のところを見たり、考える力があるのかを見たいのである。
   そして、最も大事なことは一文だけでなく、全体を通して主張が分かり易くなければならない。
説得とは?
 小論文の論理展開は・・・説得ではなく、納得させるように進めるのがいい。
考えるな!感じろ!
 考える・・・@論理的に考える Aイメージ的に考える
 感じる・・・直感のレベルで考える以前の行為で、脳の使い方は潜在意識を活用した
        技術。
        直感を働かせる最もいい方法・・・スピード上げることで、考える暇がない。
 直感を研ぎ澄ませるための作業は・・・調査分析
        @直感で、イメージの単語に印をつけていく。
        A直感で問題の要求を嗅ぎ取る。
        B直感で日々の情報収集をする。
論理とは不完全なもの

・・・ 理屈っぽい奴は一言で言うと、[使えない] ・・・

 直感は・・・多面的な判断を一瞬で下す為に有効な結論に達することが多いが、知識や経
       験に裏付けられた直感でない場合は、直感の精度はもろい場合もある。
       正確な直感とは・・・豊富な知識と豊富な経験から形成される。直感に論理も
       理屈もない。だからこそ、米国には「直感は真実である」という言葉があるくらい
       だ。

小論文の読み取り方法

その1・・・小論文の読み取り手順
@設問の要求を明確(一番大切)にして○で囲んでから課題文に取組む
A次の文章を読んで○○しなさいなど、何らかの要求をグルグル○で囲んでおく
B前記の@Aを踏まえて課題文(レベルが相当高くない限り)を読むと設問の意図が感覚
  的に見えてくるので、この感覚を大切にしながら主張をキチンととらえる
その2・・・キーワードとイメージワード(+と-)
@文章が高度で読取りにくいと感じたら、結局筆者は、ある事柄に良いと言っているのか、
  悪いと言っているのかを考える。キーワードで賛成か反対かくらいはわかる。
A主張は大抵は最初か最後の段落(パラグラフ)にあるパターンが多い。
B筆者の感情がこもっている単語がイメージワードで、主張部分と関係があるが論理を迫る
  作業ではなく、ざっと眺めるように見て、力を込めている部分を見つけ印をつける作業が
  イメージワード探し。
Cキーワードとイメージワードに印をつけて、ざっと眺めるように見ても表面的な理解はでき
  る。
その3・・・浅い理解と深い理解
「浅い理解」とは、今何を言っているのかを理解することで、「深い理解」とは、今言っていること の先にある事を理解すること。よく言われる「行間」を読取ること。
「行間」を読取るとは・・・
 @何が問題になっているのか?
 Aあえて言っていない事は何なのか?
 B2つの意見が対立している背景にはどんな問題があるのか?
   などをを読取ること。
 例:
脳死は、死であるという立場に賛成か反対か、自由に意見を述べなさい。という問題の場合・・・
 デリケートな問題についてはスパッと言い切らない方が思慮深い印象を与えるケースがある。 その先に、どんな問題があるのかな?と考えると脳死には人の死をどのように定義するのか? というし生還に関する価値観や対立の問題である事が言える。概ね何を重んじるか違いにより 社会性、死生観、金銭面、科学的考察などはポイントや重みが違うことから生じるので、それ ぞれの人たちが納得する展開をしていくことが小論文試験の一つのポイントになる。
 そもそも議論は、本音と建前、利害の食い違い、価値観の違いから起こるので、多くの 人がなるほどと思える内容を具体例を示さなければならないのが小論文なので、課題文 を読んだ時にその先に同友問題があり、何が問われているかを察知するようにすることが 大切である。
その4・・・筆者の言いたいことと論拠をメモる(通常言いたいことは一つ)
課題文が長くても、ざっと見て何を言いたいのかを捉えられれば、その文章の8割は理解したと 思ってく、筆者が主張している根拠となる部分に印をつけると、非常にやりやすくなる。
 私は○○と主張する。 なぜならば、○○だからだ。 のように簡略化すると簡単に理解できる ようになるし、かつ、課題文に賛成すべきなのか?反対すべきなのか?の判断が容易になる。
 ■論理の不完全性
現実の世界では、言葉で定義を行なう為に論理が完璧なものではなくなる。また、モノゴトには 二面性があり反対から見ると違う意味になることもりあり、常に一定ではなく、限定された世界で はなく、相互の関係がある複雑な世界だから不完全になる。
モノゴトの二面性と多面性
[情報の冷静な判断能力を! 物事の二面性と多面性 羅針盤は偽者か?]
 モノゴトには常に両面性がある。一方で得だと思えることが実は損にもなり得る。このような 物事の二面性を、十分に考慮に入れて、判断する必要がある。
   東洋の天才、「孫子曰く 知者の慮は必ず利害を雑(マジ)う」
   (知者は一つの事実に関しても、必ず利と害の両面から考慮し、一方に偏る事が無い)
 よく世間である誤解、言いすぎ、の例を挙げる。二面性だけではなく、多面性も考慮に入れて、行動を取ろう。
例えば、個性を大切にというのは私も同感だが、もう少しバランスの取れた言い方をしたい。
               *** 試験勉強に必要な能力の例 ***
           

小論文の書き方

その1・・・より多くの人に納得させる文章を書くには、
          課題文の筆者の主張に反論するのではなく論拠に反論する・・・
 例:
日本は核を持つべきだ。なぜなら危険だから・・・という主張にたいして
 ⇒「日本は核をもつべきではない。なぜなら、そんなことは憲法が許さないからだ。」
        ・・・・だと反論されるが
 ⇒「日本は核を持つべきだと言う主張があるが、果たして本当に核を持つとそれは戦争の
  抑止力としてきのうするのだろうか?
  9.11テロ事件を例にとってみても、現代は核をもてば必ず戦火に巻き込まれないかと
  いえばそんな事はない。」
        ・・・と言えば、ある程度有効な反論ができたことになる。

<「格差問題」は、今後頻出テーマの一つ>

 例:
主張A  □格差はあっても言い。重要なのはお金ではなく心のあり方である。
主張B  □格差はあってはならない。なるべく公平な社会を築く事が肝要だ。
Bに賛成するなら、Aの主張に対する反論を用意するだけではなく、論拠そのものに反論すれば、 与える印象は非常に説得力があるものになる。
その2・・・スピードアップする重要な作業・・・
          自分の頭だけで考えずに、物事の関連図を紙に描いて考える!
<手順>   @課題文のまとめ
         A知識を吐き出す
         Bつなぐ・考える
         C新しいヒラメキ・考える
         D構成を決める
その3・・・イメージが全て!イメージを膨らませなければ、
                               読者と対話できない・・・
読み手の顔、表情をイメージしたり、感情をイメージする。 問題の要求をイメージしたり、全体の持って行き方をイメージする。 こうゆう風に書いたら、どう読み手は感じるのかな・・と考えることが小論文では欠かせない。
 ■マーキングの方法(印のつけ方)・・・課題文を2度、3度見る必要がある時に非常に有効。
   @筆者の主張部分を○で囲む
   A筆者の論拠となる部分を○で囲む
   B論理の流れが変わるような接続詞を△で囲む
その4・・・具体例を必ず入れる・・・
            (小論文に説得力を持たせる簡単な方法で、簡単に得点がアップ)
字数制限されている場合を除き、具体例がないと聞かされるほうは実感がわかないので、 相手に何も伝わっていない可能性も起こる。具体例の良し悪しが、小論文の良し悪し決める こともあるので、どれだけ相手が納得する実感がわく例を提示できるかがポイントになる。
<効果的な具体例のコツ>・・・身近であること、実感しやすいこと。
その5・・・問われる内容2種類に分類
・・・主張型・・・賛成か反対か立場を述べる
・・・アイディア提出型・提案型・・・自由に提案させて発想力を問う
小論文の構成を考える際は、主張型か提案型・アイディア型かで大きく異なる。
アイディア型の構成・・・全体をふかんするような、記述が望ましいので、コンパクトにまと
                める事
例1.○○の側面はああだ。そして○○の側面はこうだ。   形式の説明方式を取る。
例2.○○する方法は3つあると考えている。
  1つ目は○○
  2つ目は○○
  3つ目は○○  という説明方法。
※アイディア型の発想力重視の問題で、理想論で終わると点数は無いと思って間違いない。
その6・・・1つ1つの文章を短くする
※何故短い文章がわかり易いのいのか・・・
   短いと先を読んでもらい易く、接続詞が多い文章は長くなり、わかりにくくなる。
その7・・・教授が採点するときの気持ち・・・
<ん?ほーー面白い事を言う奴だな。そうか、そうだな・・・。
 ふむ、言うことは分かるね。・・・ん?
 ん?  ん???
 どういう事なのかな?よく分からないな、賛成できん。そうじゃないんだ。
 何だこの子は分かっていないなあ。こどもだな。 評価C。>
相手が疑問に思った時や、<そうじゃないだろう>という反論を心の中でした時に、 きちんと対処出きなかったから起こる問題。
※「女性の差別、社会進出問題」が出た時は、採点官が男か女か分からないので慎重に
  主張する必要があるので要注意。女性の教授なら女性の見方だし、男性なら一方的に
  男性を悪く言う主張には嫌悪感を感じるのが心情なので、主張する際は、一般論から具
  体例という流れで進める。
その8・・・文章はまるで対話のように書くのが望ましい
読み手を意識し、相手がどう思っているか、感じているかを想像しながら書くことが非常に大切で、 相手が反論しようとした時に、反論しようとした事について解説すると、不必要な反発の感情を ほとんど相手に与えることなく、読んでもらえる事ができる
その9・・・最高点の得点を目指すなら、理路整然と書くだけではダメ
                                    (理性と感情の関係)
小論文で前提となる同意についての感情と、理性の関係で、共感、賛成、同意などを得るのに 必ずしも論理的説明は必要ない。
理性と感情では理性が先ではなく、感情が先であり、その感情の正当化の手段として論理的な 説明が必要とされる。
つまり・・
小論文を書くときは、共感や賛成や同意と言ったイメージを引き出す言葉を選ぶ必要があり
 共感と、信頼に基づいた良好な関係を気づく能力を試していると理解するのか自然で、論理的 なものほど、相手を論理的にねじ伏せようとする意図的なものを感じる。
その10・・・甘ちゃんの理想論を避ける為のチェック法・
                 ナルシストのかっこつけ文章にならないチェク法の原則
例えば・・・
理想には具体策と行動が求められ、責任という結果が求められるのが暗黙のルール
問題例:増え続けるゴミの深刻な環境問題について自由にあなたの意見を述べなさい。
     理想論として・・・ゴミ問題を解決するには、個人レベルだけではなく、国の取り組み
     が不可欠である(実際に国に動いてもらうことは理想。国はコストも人員もかかるの
     で、優先順位の高いものから動く必要がある)。
■[原則] 理想と、責任はセット
一般的には企業に環境税を課すとい方法と、消費者側がこの費用を負担すると言う2つの立場が ある。私は●●に賛成である。(展開部  ここでアイディアがあるともっとよい) したがって私は●●と考える。
などにすると、理想論者のナルシストというレッテルで点数を落とす事はないと思われる。相手を ねじ伏せるのではなく、「和を作る」という意識を忘れてはならない。
その11・・・原点をされにくい答案を作る・・逃げのテクニック
                                    (反論しにくい表現)
例:○○だ、と主張すると反論されるが、○○という側面がある、と主張されると真っ向から
  否定しづらい。断定せず若干逃げる事で、懸命な印象を与えることができる。
■配点基準から目標とすべき力のつけ方(大学によりかなり異なる)
大学によって・・・
@内容力をみる大学 A論証能力をみる大学 B構成力や表現力をみる大学 Cアイディアなど の力を見る大学  など大学の特性を研究しておき、練習時から、それにあった内容が書けるか どうかをチェックしておく必要がある。
■必ず時間を図って、シュミレーションをする
※初めに3回ぐらいは時間を計らないでゆっくり書いてもよいが、それ以後は本番のように書く
  本試験と同じ時間帯・時間で書くことと、小論文試験は、自由にした書きができるので、下書き 用の用紙も用意してシュミレーションする。緊張する事も考えて、5〜10分の余裕を確保する。

Copyright (C) 2010 Sendai Bunri., All right reserved.

医学部入試 仙台文理 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4-1-26 レインボービル2F TEL/022-722-1365 FAX/022-711-3065
お問合せ/資料請求はこちら