結果が出せる人の勉強術(4)

少人数制と個別指導で世界でただひとりの貴方の個性を活かし、手作りの教育で学力を驚異的にアップさせ志望校合格へと導く

目標が早く達成できる人

午前中

午前中に頭を使う勉強に集中させること

  1. 元気な挨拶は勉強が出来るカギで成果に直結する。勉強は気合や勢いでやるもの。
    挨拶は、「原因結果の法則」から、心を込めて元気な挨拶が出来なければ、その日1日の負けの要因を作ってしまいます。「今日も一日、自分に挑戦し、みんなを盛り上げて勝つぞ!」という自分と周りの人への決意表明です。❀「挨拶ができるようになれば一人前」
    <挨拶で守るべき基本的ルール>
      挨拶は、相手に理解されて初めて挨拶として成り立ちますので、相手の目の前まで行って、目を見て心を込めて、元気よくやること。
    —苦手な人は工夫を—
    • 視線を少し上げて
    • 普段の声よりトーンを高めに
    • 相手の顔を見て声を掛ける
  2. 一番冴えている時間帯に頭を使うと、同じことをするにも、スピードや成果が全く違う。
    頭を使わない勉強では成績が伸びません。体を使う作業も必要ですが、頭を使って戦略的・効率的・効果的にやることが最も大切です。目標が達成できるかどうかの判断は、その人がどれだけ頭を使って勉強しているかで決まります。特に、午後より午前中のほうが、スピード、生産性、論理力、文章構成力、想像力、統率力など成果が圧倒的に上がります。
  3. 書く能力のアップは、話す能力のアップにも大きな効果がある。文章は朝に書く習慣をつける。
    文章を書く時に注意すべきことは、誰が何のために書くのかを考えて書くこと。読む側の立場で。いい文章は、一にも二にも解かり易く、具体的且つ端的な文章です。
  4. 重要な教科・科目は午前中に学習し、しかも短時間で集中して行う。
  5. 解からない時は、時間の許す限り納得するまで、その場で聞く。

日中

目標を達成する人の言動

  1. 日常生活でも、結論から先に言うこと。相手の時間を奪ってはいけない。
    文学なら「起・承・転・結」でもいいのですが、相手が忙しい時に長々と話されたらだんだんイライラしてきますので、先ず結論から言うこと。時間に敏感な人ほど勉強が出来ますし、目標を達成できる人です。すべきことは、話す順番を変えるだけ。
  2. 受け身では勝てない。積極的に目前の学習に一つひとつ全力でこなす習慣をつける。
    受け身で戦いに勝てますか、「攻撃は最大の防御」で、一度始めたら遂行のための知識や経験が無いなどの出来ない言い訳などせず、積極的にやってみることです。大いにミスや失敗をし、そこから実体験として学ぶのです。積極的にやった失敗は、時間の問題で必ず成功につながることは経験則から解かっています。
  3. 周りの人が相談や質問してきたら、短時間でも誠心誠意対応する。
    学習上の目標を達成することは大事ですが、それだけでは本当の意味で“できる人”にはなれません。年齢に関係なく時と共に死ぬまで成長すること大切です。年齢・性別・役職・立場で差別することなく誠心誠意の対応が、人として成長し、器が大きくなり、目標を達成させることができるようになります。ひとり一人を大切にする姿勢を見て、いつか人として貴方のファンになって行くでしょう。
  4. 忙しい時ほどメモを。できる人はメモ魔が多い。そして、忙しい時ほど新鮮なアイディアが出てくる。

就寝前

就寝前まで活用する意気込み!

  1. 学習の記録をつけ、今日の反省と明日への課題を意識する。反省・決意のために文章で夢に実現味。
    厳しい現実の会社では、業務日報を3日以上提出しないと 、警告又は減給。再発は発覚時点で解雇。業務日報が出せない人は、「一事が万事」例外なく仕事ができない人。簡単なルールが守れないような人は、難しいことや大きなことは出来ないし、目標達成は困難。問題意識を持つとは、業務日報を書きながら一日の反省をする。問題点、ミスや失敗を正確に把握し、今後の改良点や解決方法まで記録し意識の中に留めること。
    1日の勝負はスタート時点の起床時にある。文章にすることで、いい加減さや曖昧さがなくなり現実味が帯びてきます。自信は体験が裏付け。
  2. 集中するには、整理整頓が基本(勉強ができない人は整理整頓が出来ていない)。
    身の回りの整理整頓ができない人は、資料・書類などをもらいっぱなし、出しっぱなし、ほったらかしで、いざ、集中しようとすると必要なものを探すのに時間とエネルギーを要し非効率です。
     「心の乱れは服装の乱れ、身の回りの乱れ。集中するなら、身の回りをきれいに整理整頓する。」
  3. 先手必勝。明日やることの確認と準備をする。(「勉強は戦い」「学校は戦場」)
    仕事のできない人は、明日「早めに出社して準備すればいい」と考える。朝、イレギュラーが起こったら間に合いません。仕事を成功させるカギは、事前準備。
  4. 意見や情報交換と励ましあいができる友人は、将来にかけがいの無い財産。
    人を励ますことは、自分も頑張らなければならなくなるので、自分で自分を励まし、ハッパをかけていると同じ効果がある。
  5. 就寝前に今のトレンドを理解し、自分の言葉で説明できるようにする。
    目標を達成するために、TV、ラジオ、インターネット、夕刊、ざっし、本などで、知っておくべき情報や欲しい情報を得る。今ホットな分野、ビジネス意外でも、勉強上で気になる関係情報など

明日のための時間の使い方!

  1. 早く出きるようになるには、「先人から学べ!」
    質問したいことがない人は真剣に全力で打ち込んでいない証拠でやればやるほど疑問・質問が出てきます。
  2. 人脈を短期間で広げる方法の一つに、講演会や異業種交流会の参加を積極的にする。
    「人生は終わってみなければ、誰にも勝ったのか負けたのかが解かりません。死ぬまで夢と目標を持って、弱い自分に挑戦することです。例え一時期、人生に負けたように思えても…最後に勝てばいい!」
  3. 今後は個人レベルでどれだけ勉強したかが勝敗の分かれ道になる。夜・昼工夫して勉強に挑戦する。
    世の中の仕事のルール・出世のルール・組織のルールが変化し、自分自身に実力をつけていないと悲劇が待っている。大きく差がつくのは、夜と休日の使い方。過去の経験・知識・勉強は当てに出来ません。個人レベルで、どれだけ勉強したかが勝敗の分かれ目になる時代です。キャリアアップしても、必ずしもその職業に就く必要はありません。プロとして必要な中身をマスターすることが大事である。毎日3時間。毎週土日で16時間以上を10年間。プロとしての実力ある者のみが強く求められる時代。
  4. 業務時間外に、どれだけ組織に貢献できる要素をつくれるか。
    目標を達成できる人とできない人との違いは、夜のプライベート時間に仕事上必要な情報、特に競合他社の情報を得る気概と行動力が不可欠である。
  5. 人間力を高めるためには読書をしているかどうかが、できる人かできない人かを左右する。
    人間力を高めるための読書(「読む人に、大きな夢と希望と勇気を与えてくれる」)は、感動・共感・反省・決意をしながら読書する。継続すれば自然と高い目標を設定したくなり、達成しようと意欲が高まる。効果が上がる分野は、偉人伝、自己啓発、仕事術、成功術、経営学、成功・失敗談、哲学、心理学関係。

予備校仙台文理ページTOP