秋は受験最初のチャンス

少人数制と個別指導で世界でただひとりの貴方の個性を活かし、手作りの教育で学力を驚異的にアップさせ志望校合格へと導く

秋は受験最初のチャンス

推薦入試は最も有効な手段

  1. もっとも強敵である浪人生が受けられない場合が多い。
  2. 最も重要なことは、「一般入試ではとても受かるとは思えない受験生でも受かる」こと。
  3. 一般入試で学力に不安がある受験生は合格が難しいが、推薦入試が「学力に重きを置かない」で入学者を選抜する。
  4. 文部省では、推薦入試は学力試験を行わないように指導している。
  5. 推薦入試の試験内容を「適性検査」というケースが多い。
  6. 医学部の推薦入試は甘くない。実際は学力重視の試験を行う大学も少なくないが、それでも一般入試で可能性の少ない受験生でもチャンスがある大学がある。

データを活用し、推薦入試の内容を把握することで、自分に最も合った大学を見つける

※推薦入試の過去問はほとんどが非公表。

  1. 受験校を決める際は、学力試験があったほうがいいのか、ないほうがいいのかを大雑把に決める。
  2. 受験校が決まったら、対策を進める。
  3. 小論文も英語の試験と言ったほうがいい場合も適性試験も実質的に学力試験を課す大学もある。
  4. 通常の小論文だったり、国語の試験の要素の入った小論文の場合もある。
  5. 実態は一般入試と変わらない学力試験の場合や学力を見る試験だが、一般入試と異なるタイプの出題の場合もある。
  6. 独特な学力試験を課す大学もある。
    例:YG検査やバウムテスト、ロールシャッハテストやクレペリン検査など。
    • YG検査:12の性格特性の強さを測定し、その全体のありようから、個人の性格および特性の偏りを明らかにする。
    • バウムテスト:樹木や実の絵を自由に描かせてその内容から様々なことを読み取る性格検査の一種。
    • ロールシャッハテスト:インキのしみを知覚に基づいて人格評価を行う技法。
    • クレペリン検査:一けたの数字を、連続的に加算する作業を行わせ、その結果によって性格や適性を判断する検査法。

予備校仙台文理ページTOP