高校受験国語の学習法

少人数制と個別指導で世界でただひとりの貴方の個性を活かし、手作りの教育で学力を驚異的にアップさせ志望校合格へと導く

国語の学習法

***国語は努力に比例して成績が上がる確率が一番低い科目***
逆に他の科目は、やり方を直してコツを覚えれば成績向上の確率が高い科目

高校受験国語の学習法

  1. 文章を読んで正確に理解するには、文章中の漢字が読めること。言葉の意味が解かること。
    先ず、一生懸命辞書を引くこと。
    国語が出来ない人
    第一関門

    わからない言葉は辞書を引いて、言葉の意味をよく読んで意味を捉えながらもう一度本文を読む。
    1. 面倒くさがりやで怠け癖のあるタイプ
      国語の勉強に辞書を引いて調べませんので、文章の意味を捉えることが出来ません。
    2. 真面目できちんとしているタイプ
      辞書は調べるが、文章を考える意識がなく作業だけに集中してしまいます。調べた意味をノートに書き写すだけです。
  2. 文章は言葉の意味をを正確捉えて読むこと。次に想像力を働かせて読むことが必要。
    1. 文章で描写された場面を想像しながら読む。場所は何処で、そこにはどんな人がいて、今どんなことが行われているのか。そして書いた人はどんな人かという情景を想像して読むことです。
    2. 自分も文章中の場面に入って読むことです。その場面に入って読まなければ、文章を書いた筆者の気持ち、登場人物の気持ちはわかりません。ある心の中に感情が沸きあがってくるには時間がかかるので場面や情景を想像することに時間をかけることに時間をかけることが必要です。
  3. 日常生活の中で学んだことは、国語学習の中でも生かされます。
     日常生活で常に人の気持ちや立場を考え、思いやりを持って行動することです。国語は、日頃の心がけやその人の性格などが勉強でも必ず現れる教科です。従って、短時間でそのような資質を身につけるこことは非常に困難です。

予備校仙台文理ページTOP