受験合格の秘訣

少人数制と個別指導で世界でただひとりの貴方の個性を活かし、手作りの教育で学力を驚異的にアップさせ志望校合格へと導く

受験合格の秘訣

受験に合格できる秘訣

合格の近道は、結果を信じて勉強することである。
結果に不安を持ったら、結果の奴隷になるだけだ。
主人は自分である。
自分の作る結果を信じてがんばればいいのだ。
結果が悪かったら、自分の信じ方が足りなかっただけである。
自分の努力不足が悪いだけである。
結果を信じること。
それが、合格できる秘訣である。
   仙台文理(「風の大地」より)

一度や二度の失敗で安易に「志」半ばで、諦める者は、将来、大したことはできない!腰を据えて基本を勉強することから始めよ。前精魂を打ちこみ、一歩一歩前進すれば、道はきっと開ける。

受験合格の秘訣12ケ条

  1. 受験生として勉強に徹し、勉強以外の悩みを持たないこと。
  2. 常に目標を高く持ち、受験に際しては150の力を持って100の力を必要とする大学を受験すること。
  3. 完璧な学習計画を作り実行すれば勝利が見える。
  4. 常に「考える姿勢」「理解する姿勢」で取り組む。単なる知識量だけでは合格できない。問題は出題者の意図に合った解答にいかに仕上げるかである。
  5. 合格の第一歩は基礎学力の定着。「基礎(センター試験で八十%得点をめやすとす)なくして応用なし!」と心得よ。
  6. やたらと難問に取り組むな。合格は平易な問題・標準的な問題の出来具合で決まる。
  7. 入試情報に振り回されるな。本質的に学力アップが最優先事項である。
  8. 勉強の土台は、「規則正しい生活習慣」と「やる気」である。
  9. 学習の「ムリ・無駄・ムラ」を排除し、効率学習(「学習の原則」・「記憶のメカニズムを遵守」)を心がけよ。
  10. 学力や能力をつけるには「集中力」「継続」が鍵である。
  11. 人間は常に百%の力を発揮出来るわけではない。その時々にベストを出せばいい!(入試では、日頃の実力の九十%が実力と認識せよ)
  12. 実際に受験する時は、「挑戦する大学・実力相応の大学・滑り止めの大学」と難易度分けて受験することが必勝法である。

受験合格への道しるべ13ケ訓

心が変われば、行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば、人格や学力が変わる。人格や学力が変われば、運命が変わる。

  1. 合格の近道は結果を信じて勉強することである。結果に不安を持ったら雑念にとらわれ集中できなくなるぞ!
  2. 合格が直ぐする人が掴むなり、過ぎて帰らぬ時を逃すな!完璧な学習計画を作り実行すれば勝利が見える。
  3. ひたすら捨て身でことをなすならば、妨害の夢とでならぬことはなし!
  4. 辛酸の中にこそ合格の芽生えあり、堪え忍んで我がものをせよ!
  5. 大石につまずくことはなかれども、小石につまずくこと忘れるな!
  6. 我を棄て人にものを問い習うことこそ知恵を求める秘法にぞあり!
  7. 登りつめたる得意の陰に失意あり、油断をすれば奈落に落ちるぞ!
  8. 為せば成る、為さねば成らぬものなのに、成らぬと言うは為さぬなりけり!
  9. 一つずつ極まりをつけて用は足せ、あれもこれもと心散らすな!
  10. 数重ねまた数重ね怠らず、深く真理に心打ち込め!
  11. 宇宙の真理は自由なり、自由を捨てて不自由すまいぞ!
  12. 学問の究極の目的は、心理の探求にあり!
  13. 埋もれて今は居るとも嘆くまい、枯れ木も花の春を待つらん!

予備校仙台文理ページTOP