仙台文理の学び

少人数制と個別指導で世界でただひとりの貴方の個性を活かし、手作りの教育で学力を驚異的にアップさせ志望校合格へと導く

高校1年生高校2年生高3&高卒生
自立学習(映像授業)/大学受験・高校受験、新年度入学は2月から申込受付中!!

仙台文理の学び

仙台文理の学び

予備校仙台文理の合格体験記

大学・学部学科・編入・資格試験等「仙台文理の学び」以下の通りです。

仙台文理の学び

「学びの道」はあなたの前に一本道で続いている

はじめに・・・
 今後、競争社会が厳しさを増すことは間違いありません。その中で生き抜き成功するための術として学び続けることがより一層大切です。
 受験は目標の1つにすぎません。受験を目的地して勉強すると、あなたはその後は当然勉強しなくなります。しかし、人のためになる仕事をしよう、社会に役立つ生き方をしよう、という目標を持っていれば、あなたは自分から勉強し続けていくことができ、厳しい競争社会をたくましく生きていけます。
 あなたが中学生、高校生、大学生、そして社会人になっても、「学びの道」は一本道として続いています。
社会情勢は・・・

  • 競争がますます激化する情報化社会・グローバル化の社会。
  • 「脱ゆとり教育」で生きる力を育む。
  • 就活は大学受験より厳しい。
  • 大学は「キャリア教育」花盛り。
  • ノウハウの取得だけでは就活は勝てない。
  • いま、日本は格差社会。
  • 生涯給与の格差は1億円以上。
あなたの未来を切り開く一番簡単な方法は、勉強することである・・・
 スポーツは生まれつきの運動神経が関係し、努力の量がなかなか比例しにくい世界です。もちろん練習すれば、多少は向上しますが、努力の量に比例しませんので、スポーツの世界では、なかなか上下関係が逆転しにくいようです。その点、勉強は違います。勉強の世界では、効率的で正しい勉強法をしていれば成績は確実に伸びますし、やればやるだけ努力に比例します。勉強は、やる気に行動力があれば確実に伸び、ライバルと成績を逆転することもできます。そのような意味で、人生を切り開くなら勉強が一番近道です。
 スポーツを始める時は、ウォーミングアップから始まります。冷えた体では、本来のパワーも発揮できませんしいきなり激しい運動を始めると、思わぬ事故になりかねません。勉強も同じです。勉強が苦手な人ほど、いきなり難しい問題に取りかかりますが、なかなか調子が出ません。まずウォーミングアップとして優しい問題から始めるのがコツで、単純な基礎問題から始めると、次第に頭の血行が良くなり、次第に調子もやる気も出てきます。
 勉強を始めると、最初は大変だと感じます。1ページを読むのにもやけに時間がかかり、理解するまでにストレスを感じますが、これは初めて取り組むのでわからないことが多すぎるからです。英語を初めて勉強する時は、知ってる単語が1つもない状態では、なかなか前に進みません。歴史でも化学でも数学でも同じです。理解するのに時間がかかります。ですから最初が1番ストレスが大きいのです。「こんな難しい内容が続くのか」と不安になり、あきらめようとする気持ちが出てきますが、難しいと感じるのは最初だけです。勉強すればするほど知ってることが増えてストレスも小さくなり、理解が早くなり、覚えやすく、忘れにくくなりますので、大変だからとはいえ、あきらめる必要はありません。
 勉強を始めても覚えることが山ほどあることが分かりますし、なかなか覚えらなくても頭が悪いからではありません。単に覚え方が悪いだけの場合がほとんどです。「覚えやすく忘れにくくする方法(勉強方法)」を知ればいいだけです。勉強方法を知ると言うことは、「頭の使い方がうまくなる」ということです。暗記に頼り、やみくもに勉強しても、限られた時間内に最大の効果や結果を発揮するためには、やはり「効率」を意識する必要があります。
「寝る前に覚えたことことは忘れにくい」という法則や「音読すれば覚えやすく忘れにくくなる」、学力のレベルによっては「予習よりも復習に力を入れる」などのという勉強法などもあります。他にもたくさんあります。このように小さな努力で、大きな結果を出すことができるようになります。

予備校仙台文理ページTOP