何故、学力アップに差が出るのか

少人数制と個別指導で世界でただひとりの貴方の個性を活かし、手作りの教育で学力を驚異的にアップさせ志望校合格へと導く

学力アップの差は何ですか?

何故、学力アップに差が出るのか?その差は何ですか?

その1.学習効果別「平均学習定着率」の違い

「アクティブラーニング」(能動的学習)
アメリカ国立訓練研究所により提唱された学習効果ピラミッド「平均学習定着率」より

学習効果ピラミッド「平均学習定着率」

その2.「授業法や学習法」の違い

「学習定着率」を考えると…授業スタイルは「2タイプ」
何れの授業でも「復習と問題練習・演習」のアウトプット学習が必須
***学力アップには問題を数多く解くしかない!***

個別指導&自立学習(完全個別対応Web)授業
一昔前までは集団指導形式が主流でしたが、近年、全国的に「個別指導」による指導方法はメジャーになってきました。
一般論としていえること
カリュキュラムについて
集団塾は成績向上のための骨格がしっかりしていて、カリキュラムが厳密。個別指導はカリキュラムの柔軟性が高く、変更やカスタマイズが可能です。
成績向上について
  • 成績が上がりやすいのは個別指導
    生徒に合わせて指導方法を試行錯誤できるので、上がらない場合修正できます。
  • 集団授業
    その生徒だけのためにカリキュラムを変えるわけにはいかないので、分からないことがそのままになりやすい。解らなくなった時点でその生徒の授業は無意味になってしまいます。
 集団の中でも堂々と講師に質問できたり、集団授業のペースについていくのが容易なくらい、学力が完成されている場合などは、集団授業でさらに上を目指すことが可能です。大手予備校の多くは、勉強が出来る生徒・偏差値の高い生徒の授業で超高速度を基準に進められていますので、既にある程度完成されている生徒は集団授業の方がスムーズに学力アップを測れる可能性が高いと言えます。
 その他、講師や塾との相性、クラスの雰囲気など、塾の良し悪しはチョッとしたことがきっかけだったりしますので、こうでなければいけないというものはありません。

本校が能動的学習にこだわる理由!

何れの授業でも「復習と問題練習・演習」のアウトプット学習が必須

能動的授業 「4+1タイプ」
本校の指導形式は「少人数集団授業タイプ」対象:入門~超難関まで浪人生(高校卒業者)対象
授業は、常に「予習⇒授業⇒復習⇒練習問題・演習問題」と能動的であることを目指しております。

1.集団授業

多くの塾・予備校で見られる、講義型の指導形態
 本校の授業の特徴は、少人数の参加型なので集中度も高い記憶の効率も高い。
 基本的には一人の講師が複数の生徒に対して一斉に授業を行う形態で、授業のスピードや展開は講師が主導権を持ち、生徒全員が同じ内容、同じカリキュラムの授業を受けます。

コスト度 講師が多くの生徒を一斉に指導するので、授業料は比較的抑えめ
フィット度 授業の進度は一定で、理解できていない部分があってもカリキュラム通りに進んでしまう。わからない部分は授業後に質問などして解決することが求められる。
緊張度 同じ教室の友人や他の学校の生徒と学ぶため、緊張感をもって切磋琢磨できる。入試など、集団の中で問題を解くことに慣れやすい。
向いている人 →ライバルがいると張り切る、競争心旺盛なタイプ
→自分一人に注意を向けられるのが苦手なタイプ
→センター試験で偏差値50以上で基礎力がついていると考えているタイプ
注意点は
  • 先生の交替は難しい場合が多い
  • 他の生徒の影響を受けやすい
  • わからない所を気軽に質問できない
  • 授業に遅れるとついていくのが難しい
  • 自分の学力志望校の学力差が大きい場合は所謂“お客さん”になることが多い
仙台文理では常に「能動的授業」を目指しています
生徒の能力・学力を最大限に伸ばす!」ことをモットーにしています。
出来ないということを前提にテキストやプリントで進めますが、出来るだけ省略せずに丁寧に進みます。 特に、下線部や設問にかかわる部分については、解くためのヒントや重要ポイントを指摘します。必要に応じノートをとる時間を設けております。解らなければ授業後にも質問できます。 しかも、質問は、教科担当の講師でなくても、その教科ができる講師ならどの講師でも質問を受け付けます。 授業は、英数国の学力の程度によりクラスが異なります。
なぜ、仙台文理では双方向性の授業にこだわるのか?
それは可能な限り「学習の定着率」を高めたいと考えているからです
双方向性の授業を行うには少人数クラスで一人ひとり顔の見える授業でなければできません。
教えることは大切ですが、それ以上に単に授業を行うのではなく、「生徒のやる気を引き出す授業を行う」ことがより大切です。  「やる気を持続させる」ことができればで、その時点で既に50%の確率で合格です。 それには、まず、モチベーションを刺激させるシステムや環境が大切です。
仙台文理の授業は少人数クラスなので・・・
  1. 個人の目標を常に意識させることができます
  2. 個人を承認する機会が多い(元気に挨拶、良いところや良くできたところを伝えることを徹底できる)
  3. 密接なコミュニケーションづくりができます
  4. 個人の努力を集団に反映させることができます(個人の努力を様々な機会に評価する)
仙台文理の少人数クラス授業なら、頻繁に発問できる
生徒は回答するために思考が活発になり、より深い理解や定着へとつながる。さらに、発問に対する回答作業が生まれるので、生徒に対する承認の機会も増える。
  • 生徒の思考を促進する
  • 生徒に気づきや発見が生まれやすい
  • 学習内容の理解・定着を促進する
  • 問題解決力を育てる
  • 評価(フィードバック)できる
  • 生徒を集中させる
  • 生徒の一体感を作れる

充実感・達成感を育み。授業・学習に対するモチベーションを高めることができる

2.個別授業

「1対1個別指導(授業)」入門~超難関まで学習効率が最も高い
現役生・浪人生・社会人対象
きめ細かい指導が持ち味の指導形態
 学習に取り組むめる環境として、問題の解き方を教える、勉強の仕方を指導、計画の立て方など受験に必要とされる様々な指導に加え、最終的には自立型学習が出来るようになるための指導を実施します。
 生徒が計画的に学習に取り組むことができる環境としての「個別指導」は、問題の解き方を教える指導に加え、主体的に学習に取り組むことを目的とした自立型学習が出来るようになるための指導を実施します。
 講師と生徒がマンツーマン、或いは講師1人に対して生徒が1~数人程度で指導を行う形態で、生徒の習熟度や必要に応じ、一人ひとり違った内容で指導が行われる生徒のペースに合わせた指導法です。

コスト度 きめ細かい指導を望めるが、少人数の生徒に講師が一人のため、授業料がかかりがち
フィット度 生徒の理解度や学校の進度、部活動などの時間に合わせて指導日や学習内容を決めることができる。わからない所は徹底して教えてもらうことができる
緊張度 基本的に1対1で面倒を見てもらえるため、他の生徒を気にせずにリラックスして学習できる
向いている人 ⇒大勢でいるのが苦手なタイプ
⇒指示されたことをきちんとこなすタイプ
⇒英数など手助けが必要な科目の学力が著しく低いタイプ
⇒集団講義は知っていることも受けざるを得ないので無駄と考えているタイプ
注意点は
  • 先生によって、合う・合わないの差が大きい
  • なんでも講師頼みになり、自主性が育ちにくい
  • 自分のランクやレベルが分かりにくい
  • 緊張感が薄く、入試の雰囲気などに慣れにくい
一般的な個人指導のメリット&デメリット!
 個別指導をさらに手厚くした1対1の授業です。(一般的には授業料が安い個別指導=質の低い講師。)
※「個別指導」を名乗る塾でも、自立学習という名のもとに、なんとなく自習させ、たまに、アドバイスをしたり、問題の解法を提示したりするだけの塾・予備校もありますが、本来、十人十色の学習プランを提示してこそ個別指導というべきです。
個別指導のメリット
  1. 生徒の成績を問わない
    成績が5段階評価で1の生徒でも上げ易い。難関大をめざしている場合は、成績が伴わない人・成績が中位以上の生徒に効果的。
  2. 中身が濃く効果は絶大
    1対1の個人指導は無駄がなく中身が濃い充実した授業となる。一斉授業の何倍も疲れる。
  3. 生徒を詳細に把握できる
    講師は生徒の詳細な学力の弱点単元、性格や体調、精神状態まで把握できる。
  4. 良くも悪くも「自分のペース」
    良くも悪くも「自分のペース」での勉強になるのじっくり取り組めるので、プレッシャーに弱い人や自信のない人には効果的。
  5. 勉強が苦手な人には効果的
    勉強が苦手な人は、集団授業の場合大半の講義内容はチンプンカンプンですので、授業料と大切な時間をドブに捨てているのと一緒。
  6. 授業はオーダーメイド式が可能
    先生と生徒の都合で決められる。自分と先生の都合に合わせた授業ができ、授業時間が変更できます。また、自己管理が苦手な人に向いている。
個別指導のデメリット
  1. 効果は講師により異なる
    個人指導は質の高い講師でないと効果は薄く、質が低い授業だと成績が上がらないこともある。成績中位の生徒は指導力のある講師が必要。
  2. プレッシャーに感じる人も…
    ピタリと側にいると緊張感でプレッシャーに感じる人もおり、休む時間もない。
  3. 授業料は高くなる
    単純に比較すると、集団の3.5倍くらいになる。
  4. 競争心を養いづらい
    ライバルがいないため、競争心を養いづらく、成績不振で本当は少しは焦らなくてはならない生徒も、周りの生徒がいないことで変に安心する。
  5. 塾側の都合で変わることもある
    しっかりしたカリキュラムを考えられる講師かシステムがあればいいが、逆にシステムはあっても講師がいないと受験に失敗する可能性がある。
  6. 馴れ合いの可能も
    講師と馴れ合いになり、宿題量が少なかったり、雑談が増えたりする可能性がある。

3.自立学習(個別対応Web)授業

入門~超難関まで学校の授業を映像で再現
現役生・浪人生対象
学校の授業から大学受験にも対応する個別型の授業形態

 最大のメリットは、初心者でも勉強のハードルが低く勉強嫌いな人でも取り組めることで、テレビを見ている感覚で学習できるため、学校の教科書も取り組めないような人が少しでも勉強するには最適です。
苦手科目や苦手な単元の克服には最適。授業は、常に「授業⇒復習」が中心の授業です。
 中学受験から高校生の大学受験まで、完全個別対応により学習を進められる形態で、生徒の必要な教科・科目とレベル・範範囲を選んで学習でき、学校の定期テストから大学入試まで対応しております。
 最大のメリットは、初心者でも勉強のハードルが低く勉強嫌いな人でも取り組めることで、テレビを見ている感覚で学習学校の教科書にも取り組めないような人が少しでも勉強するには最適の教材です。また、苦労しなくてもわかったような気にな為継続しやすい。ほとんど理解できていないことも多いが、わかった気になるため気分もよく継続しやすく、親や先生も生徒が楽しそうに勉強しているので、動画学習を取り入れて良かったと思いがちです。
 中学受験から高校生の大学受験まで、完全個別対応により学習を進められる形態で、生徒の必要な教科・科目とレベ ル・範範囲を選んで学習でき、学校の定期テストから大学入試まで対応しております。

コスト度 映像授業のため講師はおらず管理者が生徒を管理する。授業料は集団授業なみで抑えめ
フィット度 学校の進度、部活動などの時間に合わせて指導日や学習内容を決めることが出来る。 わからない所は、自由に講師に質問できる
緊張度 基本的に1対1のため、他の生徒を気にせずにリラックスして学習できる
向いている人 ⇒大勢でいるのが苦手なタイプ
⇒勉強のハードルが低く勉強嫌いなタイプや自分に自信がないタイプ
⇒苦労しなくてもわかったような気になるため継続しやすい
⇒推薦希望のため評定値をあげるためにも、学校の授業を先取りして勉強したいタイプ
⇒志望大の傾向に沿った授業で志望大の対策をしたいタイプ
注意点は
  • 読むのに比べて1/10以下のスピードで進み方が、圧倒的に遅い
  • 復習が行いにくく、調べるのにも不向き
  • わかった気になるが理解が浅い
  • 動画は受け身の学習で得た理解が浅く自分の頭が働いていない
  • 映像学習では、集中力や暗記力・思考力を訓練することは、ほとんどできない
一般的な映像授業のメリット&デメリット! 総括すると・・・
  1. 映像授業を駆使すれば、大手の良さとマンツーマンの良さが安価で両方を手に入れることが出来る。
  2. 映像の良さを生かしながらも、ある程度、先生が直接かかわる形の授業スタイルをとっているところが、「映像授業」を行っている塾と言える。
自立型学習(映像)授業のメリット
  1. 選べる授業時間
    教室が開いている時間帯なら予約一つでいつでも授業できるので、部活との両立OK!
    塾で予習・復習すれば効果的。
  2. マイペースで勉強できる
    1.4倍速や一時停止、理解度に応じて受講速度の調整可能。授業時間も自由自在。
  3. 解らない箇所でも安心
    本科コースの講座は詳しい解説付きなので安心。直ぐに聞きたい所があれば、双方向システムへ。TV電話で即解決。
  4. 選べるカリキュラム
    オーダーメイドのオリジナルカリキュラムで学習を進めらるため、学校の進捗と合わることが可能。
  5. 理解度を確認
    本科コース総合講座では最終回に「確認テスト」(タスクテスト)で理解度を確認
  6. 授業を自由にアレンジ可能
    わからなければ戻って何度でも聴くことが出来るので、日本史などはまとめて1ヵ月で通史を終らせたりすることも可能です。
  7. 大人数によるストレス軽減
    大人数だと圧倒されたり、受験のストレスで体調がすぐれず授業に集中することが出来ない人には精神衛生的に適しています。
映像授業のデメリット
  1. 有効利用は自己管理次第
    自宅での映像授業は、自分に厳しい人でない限り挫折する危険性が高い。
  2. 集中力が必要
    一人で集中できない受験生にとっては、内容が頭に入らない。
  3. その場で即質問できない
    個人授業やなど対面「生」授業ではないので、質問への回答には若干の時間差が出る。
  4. 授業を受けただけでは力にならない
    授業を見ただけでは・・・。問題を実際に解いていかないと身につかない。問題を解くための補助教材が必要となることがある。
  5. 緊張感に持続が難しい
    映像授業なので受け身の授業となり緊張感は持続しづらい
  6. 通う必要がある
    学習は自宅学習が原則だが、塾に通うことが煩わしいと感じる人もいる。
Web動画学習で成績が上がらない理由
動画学習のメリット
  1. 最大のメリットは、初心者でも勉強のハードルが低く勉強嫌いな人でも取り組める
    テレビを見ている感覚で学習できるため、学校の教科書にも取り組めないような人が少しでも勉強するには最適の教材ですが、成績が伸びるかどうかは別です。
  2. 苦労しなくてもわかったような気になるため継続しやすい
    実はほとんど理解できていないことも多いのですが、わかった気になるため気分もよく継続しやすく、親や先生も生徒が楽しそうに勉強しているので、動画学習を取り入れて良かったと、なりがちです。
動画学習のデメリット
  1. 読むのに比べてスピードが圧倒的に遅い
    参考書や問題集を読む・解くのに比べて、動画を見るのは倍速設定などもあるが非常にスピードが遅い。倍速しても読むのに比べ1/10以下のスピードにしかならない。
  2. 調べて復習するという使い方には不向き
    すらすら問題を解けるようになるためには、問題集を3-5周繰り返し解く必要があります。参考書や問題集では自分が解けたところは飛ばし、必要なところだけ何度も解く方法でも使えるが、動画はなかなか一度見てしまうともう一度動画を見直すモチベーションが起こりにくいし、一度見てしまうと最後まで見てしまい、結果的に無駄な時間が増えることになります。
    また、調べたいと思った時、参考書では当該ページを直ぐ開くことが出来るが、動画では困難なので、調べて復習するという使い方にも不向きです。
  3. わかった気になるが理解が浅い
    動画でも講義でも、何となくわかったことは本当に理解していることにはなりません。試しに、講義型学習でも動画学習でも学習した後に基礎の問題集を解いてみると、あまり解ける様にはなっていません。
    “解ける・できる”ようになるためには、話を聞いているだけではダメで、何度も自分の手を動かして問題を解き直すことが必要です。また、動画で得られた理解と、参考書を読み解き問題を解くことで得られた理解とでは、理解の深さが雲泥の差で、動画を見て得られた理解は非常に浅いのです。
  4. 最大のデメリットは、動画は受け身の学習で得た理解が浅く自分の頭が働いていない
    動画を見ているのはテレビを見ているのと同じで受け身の学習法なので、ほとんど頭が働いていません。1時間の動画を見るのと、1時間参考書を読むのでは理解の度合いも頭の疲労度も全く違います。スピードも遅く、理解も浅くなります。自分の頭が働かない状態で長時間学習していると、集中力も身に付かなくなります。参考書を読むことや問題集を解くことは、ただ理解・習得することだけでなく、集中力や暗記力・思考力を訓練する効果もありますが、動画学習ではこれらの訓練はほとんど行えません。
重要 動画学習は学習効果上、非効率ですが、あまり偏差値の高くない大学を志望する受験生は無理なく合格している人もいます。難関大学や超難関の医学部合格を目指すなら参考書・問題集メインの学習をし、満点取れるまで練習問題や演習を徹底することです。
「自立学習+個別指導タイプ」
対象:偏差値60以上やセンタ試験の得点80%以上が対象

 志望校の入試問題で、「解説を読んでも理解できない」「一題終わるのに時間がかかり過ぎて全然進まない」のは「基礎体力不足」です。必要に応じて、脳が反応するレベルからやり直したり、標準レベル以上の問題から取り組むことが必要ですし、分からない問題は個別指導や質問(ワンポイント)で対応します。基本的学習スタイルは、ひたすら問題演習ですので学力の大幅アップを可能にします。学習の中心が「練習問題・演習問題」です。

4.自立型学習

難関大以上センター試験80%以上の得点科目
子供の自主性を伸ばす新しい指導形態

自立型学習の基本的学習スタイルは、設定した目標に対し生徒一人ひとりが問題集やプリントでひたすら問題演習をしますので学力の大幅アップを可能にします。
学年や教科を問わず、一つの教室で、生徒がそれぞれ学習を進める形態で、講師は教室内に一人いて、生徒全員の様子を見ながら適宜個別に指示を出します。学習内容は生徒によって異なります。

コスト度 講師が同時に複数の生徒を指導できるので、授業料はやや抑えめ
フィット度 講師の指示に従いながらも、自分で目標を決めるため、理解の状況ややる気の沿った学習プランが立てられる
緊張度 講師は必要に応じてフォロー。他の生徒達も学習に向かう環境の中で、マイペースで取り組むことが出来る
向いている人 ⇒自分で決め手ことはとことんやり抜く意志の強いタイプ
⇒自分に合った勉強法を見つけたいタイプ
⇒超難関・難関大学は勉強するのは自分なので、自学自習が当然と考えているタイプ
注意点は
  • 生徒のタイプによって、合う・合わないの差が大きい
  • 自立心や自主性が身についていない場合、効果が出にくいことがある
  • 学習の習慣が身についていない人には無理がある

5.その他.「上記の組み合わせ」

対象:自分の状況を理解し、使い分けができる人対象
 効率よく学力を向上させるには、「学習環境」「個々の状況に応じた教材」「指導の先生」などの存在が大きな役割を果たします。偏差値が60以上の生徒には応用型教材、60以下の生徒には基礎型教材を用います。入試が近づいたら基礎が身についた生徒には入試の実戦問題演習を、基礎力不足の生徒には不足分野の基礎力アップのための学習を行います。
 演習をより効果的なものにするためには、学力や状況に応じて生徒一人ひとりに適切な問題や教材を提供することが必要になりますので、それ相応の準備と手間が必要となります。

予備校仙台文理ページTOP