商号 株式会社 アイ・ティ・プロジェクト
本店所在地

〒980-0021:仙台市青葉区中央3丁目5−11 3F(仙台文理内)

TEL 022-711-3053
創立 2000年7月17日 創立
資本金 1,000万円
主な設備機器 サーバー Microsoft Windows NT4WS+ Turbo Linux Server6.1(AT互換機)
クライアント Windows+Linux+FreeBSDによる構成
ディスプレイ LG電子(775FT)
プリンター EPSON(LP9300 / PM2000C)PostScript(color)
スキャナ− EPSON(GT7000S / ES6000H)
外部記憶装置 Panasonic DVD−RAM
ソフトウェア Adobe(Dynamic Collection)他
代表取締役 及川 幸勇
従業員数 8名
取引銀行 七十七銀行本店営業部
事業内容

IT*Webスクール / バーチャルモールの運営”ウェルカム仙台”
CD-ROM等の教育関連等の新製品開発 / 新規ビジネス支援事業
モンゴル技術大学とのソフト開発の合弁会社 / その他関連業務のコンサルタント

 

 いまや、ビジネスシーンにおける「デジタル・デバイド」は確実に深刻化していくといわれています。ITのわかる人は雇用の機会・所得の面でますます有利な立場になる一方で、わからない人は、確実に時代から取り残されるでしょう。文系・理系を問わず重要なことは柔軟な発想力であり、行動に移す実践力です。IT語という「共通のことば」を話すことは簡単ではありません。ITは時間が経てば自然に身につくというものでもありませんので、自ら「学ぶ」ことをしなければ、いつまでたっても理解できないものです。
 私どもが参入するIT関連事業は、IT革命ともいわれ、取引にまつわるコストを限りなくゼロに近づける革命ともいえ、消費者のモノ、サービスの需要に一人ずつ、即座に対応する経済を可能にするといわれております。顧客ニーズに合致した商品・サービスをスピーディーに投入することが企業の生き残りの条件となりますので、ネットワーク型の動態的フラットな組織形態が有効となり、より「スピード」がキーワードとなります。
 一方、経済的付加価値を生み出すキーファクターは「組織生産能力」から「個人の企業能力」にシフトし「事業創造を担うパートナー」として位置付け、1)成果主義の強化、2)資金調達ルートの多様化、を戦略的志向で対応し、企業は「エンプロイヤビリティ」を高める「場」「環境」を保証することであると考えております。
 社員は成果に向けた実行を約束し、企業と社員は対等であり、互いに選択権を持ち緊張関係を維持します。人材は資本であり、人的競争力をもつ企業が勝ち残ります。したがって当社で求める人材は、自立的に判断実行できる「自由度」を与えております。人材かサラリーマンかの評価は成果行動が動態的か受動的か、その人ならではの競争力あるユニークな行動特性があるかで判断します。結果、サラリーマン的人材は淘汰されます。
 私たちITプロジェクトは、21世紀はヒューマンキャピタルの時代であると考えております。