「学内併願」と「決断の大切さ」

こんにちわ、仙台文理のナビゲーター及川です。「学内併願」についてのアドバイスです。■「学内併願」には、それなりにメリットもあります。受験生は年代的に、人生の中で体力的なピークを迎える時期にありますので、数日間連続して試験を受けても、疲れを感じないくらいハイになって頭が冴えることもあります。試験後はぐったりすることもありますが、回復が速いのは、若さの特権です。  ◆「絶対に浪人はしたくない」「早稲田や慶應の“学内併願”の場合は、続けて受けていると類似問題が出ることもあります。「どこの学部でも構わない」という強い意志のある人は、「ガンガン受けてやる」と開き直り、併願校を増やす選択もいいのです。◆「数撃ちゃ当たる」は確率的に正しいといえます。連続受験で体力的にきつくなる半面、1・2回受けただけでは身につかない“実戦的なカン”が養われていきます。“学内併願”の強行スケジュールで試験に慣れ、そのつど修正しながら試験を受けることで結果を出す人も多いようです。 ■次は、決断の大切さについてです。決何事にもあてはまりますが、決断の遅れが“共倒れ”を招きます。 ◆センター試験後の“国公立断念”は戦略的失策です。私大の「センター利用入試」にも点数が足りない場合、私立大学の一般入試にかけられる時間は、ほとんどなく!“戦略的失策”となります。センター試験を“捨てる決断”は速いほどいいのです。センター試験で想定できる点数は、過去問演習やセンター模試の結果から、かなり正確に予想できますが、センター試験の結果が悪くても、「何とかしないとダメだ。なんとかする。いや、何とかなる」と考える人は、自分に甘い人しかありません。センター試験は科目数が多いだけに、対策にかかる負担が相当重く、個別学力試験の対策に手が回らず、“共倒れ”をする危険が大きいので、センター対策をしていて「どうも厳しそう」「間に合いそうもない」と感じたら、センター試験を捨てる決断も視野に入れ、「私立専願」一本に絞ってください。センター試験対策に費やす時間を私大受験の2?3教科にあてれば、かなりの伸びを期待できますので、決断は早ければ早いほどより上のランクの大学を狙えます。是非参考にして下さい。ご質問・ご相談等ありましたら仙台文理022-722-1365へご連絡ください。最後の受験が終わるまで全力で応援しております。