8.三者面談
一人ひとり丁寧な対応

 こんにちは、仙台文理塾のご案内役教務部長の及川です。今回は「三者面談」についてのご案内です。
 本校では、一人ひとりの生活状況や学力の状況をできるだけ詳しく知ってもらうために、一人30分から60分を予定しており、形式化された成績の報告や通り一遍の面談はしておりません。性格も成績も十人十色です。面談では、現状の報告、問題点の指摘、時期による問題解決策を多方面から提示しています。
ご父兄からは、時々ここまで細かく説明されることは大手ではなかったという感想をいただきます。目的達成のために全力投球できるように、合格させるための必要条件をクリアさせるために予備校として「必要な時」に「必要な分量」を「適切な手段方法」で提供し志望校合格を達成させることが目的です。